交通事故によって生じる痛みとその対応

交通事故によって生じる首や腰の捻挫

交通事故に遭うと、全身に強い衝撃を受けることとなります。

車のように重いものがスピードを出してぶつかってきた衝撃は、筋肉や靭帯、関節などに傷をつけ、お体のさまざまな部分にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。

 

特に痛めやすい場所としては、首です。

首には頭という重いものがつながっていますので、交通事故による衝撃を受けて振り回されたときにダメージを受けやすいのです。

 

また、交通事故では腰にも衝撃を受けやすく、腰痛(腰椎捻挫)が生じてしまうことがあります。

どちらの場合も、傷ついているのが筋肉や靭帯、関節であるため、見た目だけではケガをしているとわからないことがあります。

 

加えて交通事故直後には気持ちが高ぶっていたりしていて症状に気が付かない事も多いため、ケガをしている自覚が薄いこともあります。

 

ですが、どちらのケガについても、放置していると痛みが悪化し、場合によっては慢性化してしまうこともあります。

 

そのため、少しでも痛みや違和感がある場合には、お早めに接骨院にお越しいただくことが重要です。

 

 

大きな事故ではなかったのに、痛い!!なぜ?

交通事故では全く同じおケガはありません。

車を運転中、助手席、後部座席で寝ていた等まずは様々な状態で事故は起きます。例えば運転中のドライバーはバックミラーで後方からの情報も収集できます。これにより後方からの追突事故においてもある程度、衝突に身構える事が出来ます。しかしドライバー以外の同乗者は”不意打ちを食らう”という形で衝撃を受けます。

 

どんな格闘家であっても”不意打ちを食らう”と言う事は大ケガに繋がります。ですから一般の方であればなおさら大した事故ではないのに大きなケガになります。

また、プロレスラーの様な体がしっかりした男性と、”竹久夢二の美人画”の様なスリムな女性。同じ衝撃を受けてもケガの程度は一目瞭然ですね。

 

ですから「大きな事故では無いのに、こんなにも痛い!」という事が起こるのです。

 

一般的に交通事故は損保会社様とお話をしていきながら事故の解決を図るのですが、なにぶんお電話でのお話が多く、被害者様のお身体の状態が伝わりづらい事も多くあります。そのあたりは直接お身体を施術させている私たちが代弁して損保会社様にご理解して頂けるように調整させて頂きます。

 

 

低速度での交通事故でも注意が必要

交通事故は、渋滞中や駐車場などにおいても発生することがあります。

そのような場合、お互いにスピードを落としているということもあり、衝撃は比較的軽く感じられ、車の損傷も軽いことがあるかと思います。

ですが、このような状況の交通事故においては、被害者の方は「不意打ち」で衝撃を受けることが多いものです。

 

「ぶつかる!」と身構えることなく衝撃を受けた場合、低速度の交通事故であっても頭が大きく振り回されるなどして、筋肉等に損傷が生じることがあります。

そのため、この場合であっても、少しでも痛みや違和感があるようであればお早めに接骨院にお越しください。

 

 

 

日進北口鍼灸整骨院の交通事故施術

日進北口鍼灸整骨院では、交通事故によって生じた頚椎捻挫や腰椎捻挫などの施術を得意としています。

 

歪みがある場合には無理のない矯正を、痛みが強い場合にはその緩和を、よくなってきている場合には低下した筋力の回復をというように、患者様一人ひとりの状態に合わせた施術をさせていただきます。

 

そのように段階を踏み、しっかりと回復して当院から笑顔で「卒業」していただくということが、私達の願いです。

 

これからも一人でも多くの患者様に卒業していただくことができるよう、しっかりと施術をさせていただきます。

さいたま市やその周辺で交通事故によるケガを負われた方は、日進北口鍼灸整骨院までご相談ください。

必ず”来て良かった”をあなたにお約束します。

 

 

 

受付・施術時間

 
午前 -
午後 ---

【月・火・水・金】
午前9:00~午後12:00
午後3:00~午後 7 :30
【土・日】
午前9:00~午後12:00
【定休日】
木・祝

所在地

〒331-0823
埼玉県さいたま市北区
日進町2-1616-5
JR埼京線日進駅北口 徒歩3分
<駅前ですが無料駐車場6台あり>

048-654-3700

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop